気になる小じわの対策を紹介|これで悩みを解消しましょう

ファンデーション

敏感肌でも安心して使える

エアーファンデーションは化粧品を霧吹きのようなかたちで噴霧する道具で、物理的な負担がかからないので敏感肌の人でも安心して使えます。しかし、このエアーファンデーションを使いこなすためには少々コツがいり、それを考えるとネット通販ではなく実際に買いに行くのがおすすめです。

まつげ

種類別の効果

まつげ育毛剤は、まぶたに塗るだけで自まつげがフサフサになり、ボリュームがアップします。化粧品や医薬部外品、医薬品の3種類があり、それぞれの製品で短くまばらになったまつげをいたわる成分を配合しています。

お尻

原因と解決策

お尻のニキビ外的要因か生活習慣の乱れによってできやすくなると考えられています。ニキビができたら、お尻は生活に保つようにし、特に入浴後はしっかり保湿します。食事はバランスよく、特にビタミンを積極的に摂取しましょう。

目の周りの乾燥対策

目元を触る女性

アイクリームで保湿する

肌に小じわやたるみができる原因には、乾燥、紫外線、活性酸素、物理的刺激などがあります。年を重ねると気になってくるのが、目元の小じわです。目元に小じわができるのは、主に乾燥が原因です。目元に限らず、乾燥が原因でできる小じわは、毎日のスキンケアで保湿をしっかりすることで予防できます。目の周りの皮膚は顔の中でも一番薄く、約2ミリしかないと言われています。そのため、ちょっとした刺激で、大きなダメージを受けやすい傾向があります。また、皮脂バリアが極端に少ないので乾燥しやすく、乾燥がひどくなると小じわができます。さらに紫外線によるダメージで、シミが発生しやすいエリアでもあります。目の周りは、目元専門の「アイクリーム」を塗って保湿をするのがお勧めです。アイクリームは、普通のフェイスクリームよりも保湿効果や美容効果が高いクリームです。レチノール、セラミド、ヒアルロン酸、プラセンタなどの肌に必要な栄養がたっぷり詰まっています。また、目の周りの薄い皮膚にも使えるように、低刺激で高品質な成分から出来ているのがアイクリームの特徴です。アイクリームを使って目の周りをスキンケアすれば、しっかり保湿ができて小じわやシミ対策になります。アイクリームを塗るときには力を入れすぎないように、薬指や小指を使うのがお勧めです。夜寝る前はもちろん、朝も使うとさらに効果的です。朝はアイクリームを塗った上から日焼け止めを塗り、紫外線をシャットアウトすることも大切です。